We'll sing-our-songs

一人一人がその人自身の歌を歌えるように、その人自身の人生を生きられるようにすることを応援するブログです。

断捨離によってお小遣いを得よう!今やどんなものでも売れる時代です


スポンサーリンク

こんにちは、たか2251です。

 

今日は、本格的な夏に入る前に断捨離をしてお小遣いを!、ということで、要らないものが出たときにどのように処分すればよいかについて述べてみたいと思います。

基本的に片付けで出た洋服や家電はリサイクルショップで売ることができますので、高く売れるお店や高く売るポイントなども紹介できたらと思います。

今はネットオークションやメルカリといったアプリも出て有名になっていますね。

それらの情報も少し噛みつつ、より高く売れる方法について述べていきます。

f:id:shin160220:20170530162540j:plain

出典:写真AC

 

断捨離をして売れるものはどんなものか

今の時代ですが、これははっきり言ってなんでも売れる!と言えます。

色々な売買をするための媒体がありますので、例えば「トイレットペーパーの芯」でさえ現代では売れるとのことです(こちらは子供の学校の課題で急ぎで必要になった、などのようです)。

ですが、売るためのお店や利用する媒体を間違えてしまうとせっかく売れるものも売れなかったり、安く捌かれてしまうことになります。

ですので、ここでは洋服と家電に絞って、より高い金額で売れるように、適切なお店などを紹介していきます。

 

 1、洋服を売りたい

まず断捨離で必ず出るものといえば古い洋服ですね。タンスやクローゼットの中の洋服は定期的にチェックして片付けをしておきたいものです。

さて、洋服を売るための媒体にはどんなものがあるでしょうか。

現在では、ネットオークション、メルカリなどのアプリ、実店舗、友人に譲る、などが考えられますが、ここでは高く売るためにいくつかをお伝えします。

 最も高く売れると思われるのが、ネットを使った取引と思われます。なぜなら販売代理店を通さないからです。実店舗に売るということは、そこにももうけが発生しなければなりませんので、その分買取価格が低くなることが予想されます。

ですので、メルカリやヤフオクあたりが最もよいでしょう。

今はネットオークション代行会社も出てきてるようです。取引の際に面倒と感じる手続きをやってもらえるのでしょうね。

☆QUICK DO

☆トゥービィー

 

ですが、実際にネットでの取引に不安を持たれる方や、やり方がよくわからない、という方もいらっしゃると思います。

その場合には実店舗で高く売れる店を見つけることが必要です。

関東県内では私もいくつか知っていますのでご紹介しますね。

☆トレジャーファクトリー

www.treasure-f.com

私もよく利用させてもらっています。買取時に次回使える割増チケットももらえるので、それも合わせると高く買い取ってくれることが多いです。

 

BOOKOFF 

こちらはそれほどお勧めはしませんが、家の近くにある方も多いかと思いますので。

宅配買取サービスもやってくれるので、大量に売りたい方は良いかもしれません。

 

2、家電を売りたい

パソコンなどのIT機器でしたら、じゃんぱらがお勧めです。

有名なsofmapさんよりも少し割高で買い取ってくれるでしょう。

もちろんデータの削除も行ってくれます。本当は自分でできた方がいいとは思われますが。

もちろんsofmapさんも高く買い取ってくれる優良店と思います。

sofmap

 

白物家電を高く売りたい、という場合についてですが、私もこれに関してはそれほど詳しくないのですが、上にあるトレジャーファクトリーでも買い取ってもらえます。

 

高く売るために必要なこと

まず洋服でしたらアイロンをかける、しみがないなど、清潔感のある状態で持ち込むことが大切のようです。また洋服には季節がありますので、その季節に合った洋服を売りに行くことや、その季節の洋服の買取が始まって間もない時期に高く買い取ってくれることが多いようです。

 パソコンなどのIT家電でしたら、付属品が箱も含めて残っていることが大切な要素となっています。

それから本体に傷がないこともあるでしょうか、売ろうと思ったときにはやわらかい布などで磨くことも大切だと思います。

 

まとめ

日本人は一般的にものを持ちすぎだと言われていますが、要らなくなったものは上手にリユース、リサイクルに回していきたいものですよね。

現在では発展途上国に洋服を送るといった支援があります。

確かにそれもよい取り組みと思いますが、それだけ一度要らなくなってしまったものが出ているのだとすると、今後は日本人のものに対する見方を見直していかなければならないところがでてくるかもしれません。